夫婦2人共に育休を1年間取っても年間の収支がプラスになる条件

夫婦そろって1年間給付金だけで生活する場合の収支をシミュレーションしてみます。

夫婦ともパートや派遣でも年間収支プラスになりますよ!!

今回のケースは、

  • ママは、育児休業給付金をもらえる
  • パパは、出産日から育休

です。ママが専業主婦や退職する場合は、もらえる金額は変わってきます。

ここで言う『育休』は、育児休業給付金をもらえる『育休』です。

出産の際には、

『出産育児一時金』として42万(双子以上は、×人数)もらえます。

実際に出産にかかる費用は、42万以上の場合も、42万以下も。

また、出産時には、いろいろ揃えるものでお金もかかります。

逆に、お祝い金をもらうこともあるかもしれません。

今回は、それら出産のときの収支は別として、産まれてからの生活費の収支の話です。

スポンサーリンク

手当のお金は、いくらもらえる?

出産するママは、産休中に『出産手当金』をもらえます。その後に、育休。

パパは、出産日から育休です。

ママの場合 出産手当金+育休給付金

『出産手当金』として、

産前42日+産後56日に、月給(手取りではなく、総額)の約2/3もらえます。

月給÷30=日給

日給×2/3×産休の日数のお金です。

『育休給付金』として、

産後56日後(産休終了)から、1才になるまでもらえます(延長も最大2才になるまで可能)。

支給額は、育休開始から(出産日からではないです)

180日目(6か月目)までは月給の67%

181日からは月給の50%です。

パパの場合 育休給付金

パパは出産しませんので、産休はありません。

ママの出産当日から『育休給付金』をもらえます。

支給額はママと同じく、育休開始から

180日目(6か月目)までは月給の67%

181日からは月給の50%です。

育休給付金には、限度額あり

『育休給付金』は、常に67%や50%満額もらえるわけではないです。

限度額があります。(平成29年8月1日からの期間)

支給率67%のとき(180日目まで)

月給447,300円 ⇒ 給付金299,691円

支給率50%のとき(181日目から)

月給447,300円 ⇒ 給付金223,650円

最大447,300円の67%か50%までしかもらえません。

それ以上の月給の場合は、『育休給付金』もらうには損ってことに。

月給447,300円は、年収にしたら、5,367,600円

仮に年間のボーナスが4ヶ月分あるとしたら、

月給335,475円(年間ボーナス1,341,900円)。

そのときにもらえる年間の給付金は、3,140,046円

それが、最大です。

児童手当

子どもが生まれることで、国からもらえるお金。中学3年まで。

支給額は、

3歳未満

月額1万5000円

3歳以降12歳まで

月額1万円(第3子以降 月額1万5000円)

中学生

月額1万円

育休中は、月額1万5000円ってことですね。

年間で、18万円

注:所得制限を超える家庭は、月額5,000円です。

【収入】手当金のシミュレーション

いくつか例をあげますね。

例1:ママが月収20万

『出産手当金』(産前42日+産後56日の分) 435,806円

『育休給付金』(産休明けから1才になるまで) 1,207,212円

年間合計 1,643,018円 

注:正確には、産前42日も入っているので、きっちり1年間ではないです。

例2:パパが月収20万

『育休給付金』

180日目までの6か月間 804,000円

181日目から1才になるでの6か月間 600,000円

年間合計 1,404,000円

表でまとめてみる

単位:万円パパの月収と年間給付金
 月収20304050
 給付金 158 228298 332
月収年間給付金
ママ

月収

年間

給付金

0 0158 228 298 332
10 81 239 309 379 413
20 164 322 392 462 496
30 246 404 474 544 578
40 330 488 558 628 662

『児童手当』は、パパの年間給付金に入れました。

1,000未満切り捨て。

ここでいう月収は、毎月の給与+ボーナス=年間収入を12で割ったものです。

【収支】のシミュレーション

表で見ると結構もらえますよね。

金銭面で、全く働くことなく、夫婦2人で育児だけに専念することは可能です。

【支出】

普段の生活費(月間・年間)は、把握しているでしょうか?

子どもが生まれれば、子どもにかける費用の分、支出は上がります。

その代わり、初めの6ヶ月ほどは遠出など出来ずレジャー費は下がるかも。

2人で育休を取る場合、子どもが首も座ってちょっと出かけられるようになると結構お金使ってしまうかも。

その辺の実情は、うちら夫婦が体験しますのでリアルタイムにこのブログで書いていきますね。

【収支】

うちら夫婦は、共に月給20万くらい。給付金は、表で見ると、322万。

うちの家計の毎月の支出は、20万ほど。年間240万。

給付金だけで十分プラスになります。

それが分かったのが、1年3ヶ月育休取っても大丈夫かなと思ったことのひとつです。

【注意】給付金の支払いは遅い&住民税

ふたつ大きな注意点があります。

給付金の支払い

給料と違って、給付金は毎月入ってくるわけではありません。

ママの初めの給付金は、産後4か月後くらいになります!!

だって・・『出産手当金』の申請すること自体が、産後57日後以降ですもんね・・

その後、『育休給付金』が、2ヶ月ごとに2ヶ月分支給されます。

パパの『育休給付金』が先にもらえるかな。それでも、出産の2~3か月後。

ということで・・・

4ヶ月ほどの毎月の支出+産後でいろいろ買うもの

のお金がなくては、アウトです。

最低でも4ヶ月の支出分の貯蓄は、必要になってきます。

住民税は、1年後

産休中、育休は、税金や社会保険は免除になります。

給付金は、所得ではないので、給付金自体には税金かかりません。

ですが、住民税があります。

住民税は、昨年の収入からの分を今年、今年の収入からの分を来年、と次の1年で支払います。

給与天引きではない普通徴収の請求は、6月にきます。前年の収入の分です。

住民税の支払い請求に注意!!!

まとめ

出産するにあたってもらえる手当は、

  • 出産育児一時金 42万
  • 出産手当金 給与の2/3 (月給÷30=日給 日給×2/3×産休の日数分)
  • 育児休業給付金 ~180日目まで月給の67% 181日目~月給の50%
  • 児童手当 5,000~15,000円

それら合わせて(出産育児一時金 42万除く)、

  • 世帯収入が月額40万(年間360万)で、年間300万ほどもらえる。

注意点は、

  • 毎月の支出の4ヶ月ほどの貯蓄は必要
  • 住民税の支払いは、6月

金銭面では意外と大丈夫だな~うちも夫婦2人で育休とってみようか?

という家庭が増えればうれしいです。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中
↓応援のクリックうれしいです(^^♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

記事が面白かったらシェアしてね(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加